第7回理論応用力学シンポジウム-力学のさらなる発展

日程: 2022年3月11日(金) 13:00ー17:00
関連性: 共催
会場: 日本学術会議講堂+オンラインのハイブリッド形式
概要: 古典力学研究の裾野を広げうる先端的研究に関する最新動向を俯瞰する公開シンポジウムです.

日本応用数理学会の皆様
日本学術会議理論応用力学分科会では 第7回理論応用力学シンポジウムを開催いたします.参加は無料ですが事前の申し込みが必要です.多数のご参加をいただきますよう,よろしくお願いいたします.シンポジウムの案内と申し込み方法については,日本学術会議のホームページ,「一般公開イベント」に掲載の予定です.

シンポジウムの概要
司会: 荒木稚子(日本学術会議連携会員、埼玉大学理工学研究科・教授)
13:00 開会の挨拶
前川宏一(日本学術会第三部会員、横浜国立大学大学院工学研究院・教授)
13:10 招待講演(1)「Big data & extreme-scale computing による解析能力の向上」
市村 強(東京大学地震研究所・教授)
13:40 招待講演(2)「炭素繊維複合材を用いた航空機主翼設計のデジタル化、( Digital transformation of aircraft wing design using carbon fiber composite materials )」
阿部圭晃(東北大学流体科学研究所・助教)
14:10-14:20 (休憩)
14:20 招待講演(3)「計測データと物理モデルの融合による全脳血液循環シミュレーションモデルの構築」
伊井仁志(東京都立大学システムデザイン研究科・准教授)
14:50 招待講演(4)「New era of cross-scale modeling for materials design」
澁田 靖(東京大学大学院工学系研究科・准教授)
15:20-15:30 (休憩)
15:30-16:20 IUTAM 提案講演
司会:山西 陽子(日本学術会議連携会員、九州大学大学院工学研究院・教授)
挨拶:堀 宗朗(日本学術会議連携会員、海洋研究開発機構(JAMSTEC)・部門長)
講演(5 件程度) 調整中
16:20-16:50 総合討論「今後の力学教育・研究について」
16:50 閉会の挨拶
高田保之(日本学術会議第三部会員、九州大学大学院工学研究院・教授)
17:00 閉会

問い合わせ先
氏名:高木 周
e-mail takagi@mech.t.u-tokyo.ac.jp

詳細 web
https://www.scj.go.jp/ja/event/index.html