現会長紹介

第25代会長(2015年度,2016年度) : 大石 進一(おおいし しんいち)
大石先生 1953年5月浜松市に生まれる.
1972年4月早稲田大学理工学部電子通信学科入学
1981年3月早稲田大学大学院理工学研究科博士後期課程了(工博).
1980年4月早稲田大学助手,1982年4月同大学専任講師、1984年4月同大学助教授.
1989年4月早稲田大学教授(現在,理工学術院基幹理工学部応用数理学科・数学応用数理専攻).
2010年9月~2014年9月早稲田大学理工学術院基幹理工学部長・基幹理工学研究科長.
2011年フランスパリ第6大学(UPMC)客員教授兼任.
2014年9月早稲田大学理工学術院長.

日本応用数理学会より論文賞,ベストオーサー賞 (論文部門),業績賞を各受賞
紫綬褒章受章,日本応用数理学会フェロー,電子情報通信学会副会長(2015年6月より)
日本応用数理学会20周年記念出版として薩摩,大石,杉原編 応用数理ハンドブック(朝倉書店,2013)
単著:回路理論(コロナ社,2013),待ち行列理論(コロナ社,2003),Matlabによる数値計算(培風館, 2001)
微積分とモデリングの数理(朝倉書店, 2000),Linux数値計算ツール(コロナ社, 2000),精度保証付き数値計算(コロナ社, 1999),数値計算(裳華房,1999),非線形解析入門(コロナ社,1997),例にもとづく情報理論入門(講談社サイエンティフィック,1993),フーリエ解析(岩波書店,1989)